FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/227-a4b7c22d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

庄野潤三氏死去

10月5日(月)

9月21日、庄野潤三氏が死去。これで、あの丘の上の家シリーズも本当に終わってしまった。穏やかな日常の日々の描写。それが読者に安らぎを与えてくれたし、幸せの意味を教えてくれた。日経のコラムに載っていた一節。

   「第三の新人」の作家の中では地味な存在だった。
   しかし江藤淳が、「夕べの雲」を穏やかながらも強い意志を秘めた「治者
   の文学」と礼賛するなど、幸福の一瞬一瞬に人生の本質と文学の核心を
   見いだす姿勢は高く評価されてきた。

まさに。それから私は、坪内祐三が「文庫本を狙え!」に引用していた氏のこの言葉が大好きだ。

   紅茶を飲みながらシュウクリームを食べるような、そんな小説を書きたい。
   のびやかな、読む人を楽しくさせるような小説を。

ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/227-a4b7c22d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

えむ

Author:えむ
「古本買い日記」へようこそ!
著者の行動圏内にある古本屋さんにて拾った本や読後感などをつづったブログです。
自分にとって価値があると思った本のことを正直に書いて行きたいと思いますので、どうぞよろしく!

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。