FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/244-cea2908f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

高平哲郎「植草さんについて知っていることを話そう」ほか

3月12日(金)

例年通り、きっちり花粉症がやって来た。全く律儀なこと、この上ない。1回くらい忘れてくれてもいいのにと思う。しかも今日は大風。花粉が渦巻いていそうと思ったけど、頑張っていつものブックオフS店まで行く。今日はあまり時間がなかったので、かなりはしょって棚を見て、100円単行本1冊、100円文庫1冊、雑誌1冊を購入。

   高平哲郎「植草さんについて知っていることを話そう」(晶文社)
   久世光彦「雛の家」(中公文庫)
  「ESSE 2009年9月号」・105円

晶文社と「植草さん」というタイトルに魅かれて買ってしまったが、あとから自分が植草甚一の本をただの一冊も読んでいなかったことに気づく。いみじくも本好き、古本好きであれば、JJ氏の本を読んだことがないなんてあり得ないらしいが、いいの、もともと私は邪道(?)だから。植草さんという人には魅かれつつ、ジャズ、ミステリー、サブカルっていうイメージが自分と少し違うかなぁと思って・・・。でも、せっかくこの本を手にしたのだから、そのうち一度読んでみよう。これも本の神様の思し召しかもしれないし。
そして大好きな久世さんの恋愛小説も一冊。久世本でマークしているのは「昭和幻燈館」「瀟瀟館日録」「陛下」なんだけど、なかなか100均に出て来ないなぁ。まあ気長に待とう。
そして、またまたESSE。今回は「みんなが選んだニトリの大好きアイテム」という特集が素晴らしい(笑)。その中で紹介されていた白色コットン貼りの三段トレー(1490円)。ちょうど机の上に置ける文房具入れを探していたところなので、これ買いっ!と心の中で決意。
それにしても、ブックオフの100均専門、100円ショップ、無印良品、ニトリなんてことばかり書いてると、この人どんだけ貧乏なんだろう、と思われそう。は~い、実は貧乏なんで~す(笑)。でも、いかに少ないお金で質の高い精神生活および日常生活を手に入れるか、というのは私にとって一種のゲームでもある。お金さえ出せば何でも手に入る現代だからこそ、逆にこのゲームは楽しい。頼るは自分の目とセンスのみ。でも、それさえあれば、この膨大な情報とモノに溢れた世界はかえって楽しいオモチャ箱に思えるのである。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/244-cea2908f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

えむ

Author:えむ
「古本買い日記」へようこそ!
著者の行動圏内にある古本屋さんにて拾った本や読後感などをつづったブログです。
自分にとって価値があると思った本のことを正直に書いて行きたいと思いますので、どうぞよろしく!

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。