FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/247-6e7b4b71

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

宮本輝「本をつんだ小舟」

4月11日(日)

駅前まで行ったついでに「T堂」へ寄る。相変わらず不動の本はあるけれど、目新しい本もちらほら。黒岩涙香の全集流れ(?)のような本もあり、それは1400円だった。ここでは店番のおばあちゃんのために「何か一冊」と決めているので、宮本輝「本をつんだ小舟」(文藝春秋)を買う。200円なり。著者の少年時代からの読書体験を語った一冊で、東西の名作が紹介されている。中野重治「雨の降る品川駅」、永井龍男「蜜柑」、フローベル「トロワ・コント」、ドストエフスキー「貧しき人々」などなど。
それにしてもこのT堂、そろそろ閉店しちゃったかな~と思いながら行ってみると、感心なことにいつもちゃんと店を開けている。(お客の姿はあんまりないけど・・・)
最近では、このT堂と自分のブログがだぶるような気がして来た。て言うか、T堂を目指そうという気になって来た。更新も積極的じゃないし、やる気があるのかないのかわからないけど、行ってみるとまだやっている・・・という感じ。この人、まだやってたんだ~と、理由はないけど何故か少しほっとして頂けるようなブログになれれば嬉しいな、と。
そんな訳で「古本買い日記」は今日もネットの片隅で細々と開店しております。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/247-6e7b4b71

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

えむ

Author:えむ
「古本買い日記」へようこそ!
著者の行動圏内にある古本屋さんにて拾った本や読後感などをつづったブログです。
自分にとって価値があると思った本のことを正直に書いて行きたいと思いますので、どうぞよろしく!

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。