FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/254-683f24f4

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

田村隆一「ぼくの東京」ほか

6月11日(金)

仕事帰りにブックオフS店。最近、JAXAのホームページをよくのぞく。もちろん「はやぶさ」の記事を読むため。特設ページには毎日「はやぶさ帰還まで、あと○○日」という表示が出て、宇宙戦艦ヤマトを思い出すのである・・・(わかる人だけわかってね)。100%文系脳しか持ち合わせていない自分だけど、応援してます、はやぶさ君。という訳で、何とかはやぶさと古本が繋がらないかと思ったが、ダメだったので・・・いつも通り、100円単行本1冊、100円文庫3冊を購入、と。

   谷村志穂・飛田和緒「お買物日記」(集英社)
   田村隆一「ぼくの東京」(徳間文庫)
   内田百「第二阿房列車」(新潮文庫)
   杉浦日向子「一日江戸人」(小学館文庫)

本日、いちばんの収穫は何と言っても「ぼくの東京」。隆一ちゃんが岡本綺堂「半七捕物帳」を手がかりに、旧幕の江戸、震災前の東京、そして戦後の東京を足で探し、歩くというもの。この本の存在すら知らなかったが、徳間文庫のカバー写真がまた良いのである。
そして見つけるたび、ぽつぽつと買っている百本。「第一阿房列車」のあと、数年を経てやっと第二をゲット。
「お買物日記」は雑貨からファッション系まで著者が買って使って良かったと思った逸品を紹介するという、私の好きな系統の本。1ページ目にうちでも愛用しているデュラレックスのグラス(安くて丈夫なんです)が出ていたので、趣味が合いそうと思い購入。
「一日江戸人」はイラスト満載のすんごくおもしろい一冊。これを読めば、江戸庶民の生活が全てわかるというもの。究極のエコタウンだった江戸。今まで私の憧れは明治大正時代だったが、これを読んだら江戸時代に生まれても良かったなぁと(ちょっと寒いけど)思った次第。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/254-683f24f4

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

えむ

Author:えむ
「古本買い日記」へようこそ!
著者の行動圏内にある古本屋さんにて拾った本や読後感などをつづったブログです。
自分にとって価値があると思った本のことを正直に書いて行きたいと思いますので、どうぞよろしく!

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。