FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/259-41839e1a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

キャサリン・サンソム「東京に暮す」ほか

8月6日(金)

明日から10日間の夏休み。嬉しいなったら嬉しいな♪いつも以上に足取り軽く、仕事帰りにブックオフS店。先週はこの店で、閉店してしまった古本屋KのNさんに遭遇。「あら、お久しぶり」と挨拶を交わしたあと、Nさんのカゴの中を指さし、小声で「それ、読むんですか?売るんですか?」と聞いてみたら「読むんだよ!」と怒られた。店は閉めてしまったけど、セドリでネット販売でもしているのかと思ったのだが、失礼を詫びる前にNさんはさっさと行ってしまった。てへ。今週は、100円文庫を4冊購入。

   キャサリン・サンソム「東京に暮す1928-1936」(岩波文庫)
   田村隆一「殺人は面白い《僕のミステリ・マップ》」(徳間文庫)
   関川夏央「豪雨の前兆」(文春文庫)
   浅田次郎「真夜中の喝采 きんぴか③」(光文社文庫)

「東京に暮す」は読みたかった本なので嬉しい。外交官夫人だった著者が昭和初期の東京の街と人々の暮らしを書いた日本印象記である。
そしてまたまた田村本を発見。隆一ちゃんがミステリの翻訳をしていたのは当然知っていたが、ハヤカワ・ミステリの立ち上げに関わっていたとは知らなかった。当時まだ占領下の時代だったそうである。そして彼の2度目の結婚の仲人が乱歩夫妻だったというのも初耳。この本を読んでいたら、むらむらとミステリ本が読みたくなり、本棚の奥から「Yの悲劇」と「レーン最後の事件」を出してきて後半だけ一気読みしてしまう。
あとは久々の関川本と、またまた浅田本。「きんぴか」の3巻目は未読だったので。浅田次郎のピカレスクものはとにかくおもしろいのだ。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/259-41839e1a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

えむ

Author:えむ
「古本買い日記」へようこそ!
著者の行動圏内にある古本屋さんにて拾った本や読後感などをつづったブログです。
自分にとって価値があると思った本のことを正直に書いて行きたいと思いますので、どうぞよろしく!

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。