FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/265-f9a6ad28

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

種村季弘「書物漫遊記」ほか

9月30日(木)

小雨ふる中、3週間ぶりにブックオフS店。少し前から100円単行本棚のスペースが狭くなっていたのだが、なんだかまた一段と狭くなったような気が。なんてこと!ブの価値は100円棚にこそあるのに。店長に反省を促したいが直接言う勇気はないので、内心ぶつぶつ言いながら100円単行本1冊、100円文庫1冊を購入。

   種村季弘「書物漫遊記」(筑摩書房)
   車谷長吉「赤目四十八瀧心中未遂」(文春文庫)

100円棚に種村本を見たのは1~2度しかないように思う。「書物漫遊記」は読みたかったものなので嬉しくゲット。
「赤目・・・」は平成10年の直木賞受賞作品。解説の川本三郎さん曰く、「車谷長吉は現代文学のなかで死滅しつつある私小説の、最後の書き手といわれている。確信犯的に“時代遅れ”の形式に固執する。」
おりしも本日はブでTカードを使える最後の日。たった210円のお会計のうち、残りのポイント40円分を使う。こんな儲からない客の言い分を店長が聞いてくれるはずないよね~と思いつつ、そぼふる雨の中を帰宅。明日からは10月である。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/265-f9a6ad28

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

えむ

Author:えむ
「古本買い日記」へようこそ!
著者の行動圏内にある古本屋さんにて拾った本や読後感などをつづったブログです。
自分にとって価値があると思った本のことを正直に書いて行きたいと思いますので、どうぞよろしく!

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。