FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/276-0989bd4a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「菊亭八百膳の人びと」ほか

1月28日(金)

仕事帰りにブックオフS店。今日は仕事が早く終わり、時間がたっぷりあったので、100円棚のみならず雑誌、料理本コーナーもじっくり検分し、100円単行本を1冊、100円文庫を1冊、200円の料理本2冊を購入する。

   宮尾登美子「菊亭八百膳の人びと」(新潮社)
   荒木 源「ちょんまげぷりん」(小学館文庫)
   飛田和緒「うちにきて、ごはん食べようよ」(講談社)
   栗原はるみ「もうひとつの贈り物」(文化出版局)

宮尾本は文庫を持ってはいるものの、渋い箱入り&クロス装の佇まいが何とも言えず、しかしかなり分厚いのでこの1冊のためにまた収納スペースが・・・とも思ったが、手元に置きたい欲望に負けて購入。今年も物欲と戦いながらの古本買いである(などと言いつつ、ほとんどの場合、負けるのはわかっているけど・・・)。
「ちょんまげぷりん」はタイムスリップ侍ものだそうで、読んでみたかった一冊。
栗原本、飛田本はそれぞれ定価1800円、1700円の美本だが、共に10年前の刊行なので200円で売られていたらしい。料理レシピであれば10年前でも1年前でもさほどの違いはないだろうに。おかげで私は嬉しかった。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/276-0989bd4a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

えむ

Author:えむ
「古本買い日記」へようこそ!
著者の行動圏内にある古本屋さんにて拾った本や読後感などをつづったブログです。
自分にとって価値があると思った本のことを正直に書いて行きたいと思いますので、どうぞよろしく!

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。