FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/282-14355c4d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

小沼丹「小さな手袋」ほか

4月15日(金)

仕事帰りにブックオフS店。今年の桜もそろそろ終わり。電気が足りない!納豆がない!と人間が慌てふためいていても、季節は着実に移り変わっていくんだなぁ。本日は100円文庫を1冊購入。1冊だけでもとても嬉しい一冊だったので、るんるん帰宅。

   小沼 丹「小さな手袋」(講談社文芸文庫)

これは、ずっと読みたかったもの。まさかブの100円棚で見つけるとは思わなかった。裏表紙の紹介文をそのまま引用すれば、「日々のささやかな移ろいの中で、眼にした草花、小鳥、樹木、そして井伏鱒二、木山捷平、庄野潤三、西条八十、チェホフら親しんだ先輩、知己たちについてのこの上ない鮮やかな素描。端正、精妙な、香り高い文章で綴られた自然と人をめぐる、比類なく優しい独特のユーモアに満ちた秀抜なエッセイ」である。読むのが楽しみ♪でも目次をぱらぱらめくっていたら、「炉を塞ぐ」という一章をみつけて、「えっ?」とびっくり。急いで読んでみたら、当然のことながら炉は原子炉ではなくて、いろりの炉デシタ。
今月はあと新刊書店で買った本が2冊あり。1冊は小川洋子「人質の朗読会」(中央公論社)、もう1冊はクレア・キップス「ある小さなスズメの記録」(文藝春秋)だ。
小川本はなんとも言えない色合いの装丁にひかれ。スズメの方も箱入りで紺地の装丁がグッド。新刊なのに古本的な佇まいとでも申しましょうか。ちなみに我が家の庭にも、よくスズメが来る。残ったごはんツブやパン屑をまいておくのだが、何もなかった日は、塀の上や木の枝から小首をかしげて地面をのぞき「今日はないの?」と言いたげなしぐさをする・・・などスズメには親近感があるので、思わず買ってしまった次第。こちらもまた読むのが楽しみ。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/282-14355c4d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

えむ

Author:えむ
「古本買い日記」へようこそ!
著者の行動圏内にある古本屋さんにて拾った本や読後感などをつづったブログです。
自分にとって価値があると思った本のことを正直に書いて行きたいと思いますので、どうぞよろしく!

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。