FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/290-f054cf1b

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

石川淳「紫苑物語」ほか

8月19日(金)

とんでもなく暑かった1週間をしのいだご褒美のように、昼過ぎから嘘のように涼しくなる。このあたりは今までゲリラ豪雨も無かったので、久々に降った恵みの雨だ。嬉しかったので、足元が濡れるのもなんのその、いつものブックオフS店まで歩き、100円文庫5冊を購入。

   石川 淳「紫苑物語」(講談社文芸文庫)
   井上 靖「本覚坊遺文」(   〃   )
   三島由紀夫「私の遍歴時代」(ちくま文庫)
   古井由吉「白髪の唄」(新潮文庫)
   アイザック・アシモフ「黒後家蜘蛛の会1」(創元推理文庫)

講談社文芸文庫を2冊ゲット。品の良い背表紙が本棚に増えるのが嬉しいなぁ♪
そして三島由紀夫。何故かと言うと・・・実はゆうべ、どういうわけか三島の夢を見てしまったの。それも私と彼がラブラブで寄り添っているというシチュエーション。なんで~!?今日の今日まで「男性」としての三島が好きだなんて思ったこと一度もないのに!(はい、三島も迷惑していると思います)。でも、きのうの今日で何だか他人の気がしなかったので(?)一冊購入。
古井本はオビの「老境へ向かう男、日々に楽天」という一文が気に入ったので。
最後にアイザック・アシモフ。夏になると何故か読みたくなるミステリー。ミステリーの真相を言い当てるのは、いつも目立たない給仕役である、という設定がこれまた気に入ったので。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/290-f054cf1b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

えむ

Author:えむ
「古本買い日記」へようこそ!
著者の行動圏内にある古本屋さんにて拾った本や読後感などをつづったブログです。
自分にとって価値があると思った本のことを正直に書いて行きたいと思いますので、どうぞよろしく!

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。