FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/296-75720c77

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

嵐山光三郎「口笛の歌が聴こえる」ほか

10月7日(金)

町中にキンモクセイの香りが溢れていて幸せな気分。観光外人の方々には是非この季節に来てもらい、日本っていい匂いの国なんだなぁと思って頂きたい!
さて先週末は断捨離本に触発され、単行本と文庫あわせて38冊をブに持ち込んだ。しめて1720円。当然ながらほとんどが100円で買った本だけど、明細を見たら買取価格150円の本が3冊、100円の本が6冊あった。結構うれしい♪(もちろん大部分は10円~30円だけど・・・)
そして本日も仕事帰りにブックオフS店。100円単行本1冊、100円文庫1冊を購入。

   谷沢永一「雑書放蕩記」(新潮社)
   嵐山光三郎「口笛の歌が聴こえる」(新風舎文庫)

また嵐山本・・・なのだが、これは坪ちゃんが「文庫本福袋」の中で絶賛していた一冊。新潮文庫版は10年以上前に絶版になっており、この新風舎文庫版も初版売りっきりになる可能性が高いから出来るだけ早く入手しておけ、とのことだった(2003年時点でのお話)。また坪ちゃんは、編集者時代の嵐山青年が「ある失言(その失言は三島の核心をついている)によって三島由紀夫を怒らせてしまう」と書いていて、何を言って怒らせたかは書いてくれていなかったので、ずっと気になっていた。で、真っ先にその部分をチェック。ほぉ~・・・そうだったのか、へぇ~・・・。←もし万が一、内容を知りたい方がいたらご一報下さい(いないだろうけど・・・)。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/296-75720c77

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

えむ

Author:えむ
「古本買い日記」へようこそ!
著者の行動圏内にある古本屋さんにて拾った本や読後感などをつづったブログです。
自分にとって価値があると思った本のことを正直に書いて行きたいと思いますので、どうぞよろしく!

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。