FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/298-24aa4361

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「川の光2」情報ほか

10月21日(金)

9月から連載が始まった松浦寿輝「川の光2」にやっと前作の主人公、クマネズミのタータとチッチが登場してきた。クマタカのキッド、思慮深い野良犬のマクダフ、頭は弱いけど力はありそうなシェパード犬のビス丸、昔タータに助けられた雀のリル、そしてタータとチッチが、悪徳ペット業者に捕まったタミーの救出に向かう。ああもう本当に1日ずつしか読めないなんて酷!松浦せんせ~い、何とかなりませんかぁ?(涙)
さて、話は変わって日経新聞の日経小説大賞。今回の受賞作は梶村啓二「野いばら」である。賞の創設以来初の満票での栄冠だそうだ。内容は、生麦事件で揺れる幕末の日本社会を背景に、英国人海軍士官と日本の武士の娘との恋愛綺譚とのこと。選考委員のひとり辻原登先生によると、「昨今、新人の作品で、これほど文章に対する完璧な信頼をもって、読み進めることのできた経験は、私にはない」。また縄田一男先生によると、「物語は過去と現在を往還するが、正に緩急自在、細かい時代考証についても完璧であった。素朴かつ夢見る如き愛の物語としても秀逸」。阿刀田高先生は、ストーリーはまあ月並み、と言いながらも「文章のよしあしはさまざまだが、小説には小説として望ましい“よさ”が求められる。受賞作はそれを満たしている」と。是非読んでみたい一冊だ。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/298-24aa4361

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

えむ

Author:えむ
「古本買い日記」へようこそ!
著者の行動圏内にある古本屋さんにて拾った本や読後感などをつづったブログです。
自分にとって価値があると思った本のことを正直に書いて行きたいと思いますので、どうぞよろしく!

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。