FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/313-9d0d8b8b

-件のトラックバック

[T25] まとめteみた.【久世光彦「花迷宮」ほか】

4月20日(金)桜も早や満開を過ぎ、家の前の公園の榎が芽吹いて来た。公私ともに忙しい春だけど、仕事帰りになんとかブックオフS店。100円文庫2冊、100円コミック1冊を購入。久世光彦「花迷宮」(新潮文庫最初の一編「金木犀の窓の下で」で久世さんが「あのころ、昭和十四...

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

久世光彦「花迷宮」ほか

4月20日(金)

桜も早や満開を過ぎ、家の前の公園の榎が芽吹いて来た。公私ともに忙しい春だけど、仕事帰りになんとかブックオフS店。100円文庫2冊、100円コミック1冊を購入。

   久世光彦「花迷宮」(新潮文庫)
   小林竜雄「向田邦子 恋のすべて」(中公文庫)
   蛇蔵&海野凪子「日本人の知らない日本語」(メディアファクトリー)

またまた久世さんのエッセー集を1冊。最初の一編「金木犀の窓の下で」で久世さんが「あのころ、昭和十四、五年の東京の町には金木犀がいまよりずいぶんたくさんあったような気がする」と言っていたが、昭和40年代に子供だった私から見てもそう思う。あと本当に少なくなったのが沈丁花。昔は早春ともなれば、あちこちの家の庭先で匂っていた沈丁花がめっきり少なくなった気がする。そういうウチでも引越しの際に置いて来てしまったんだけど・・・。
そして久世さんと来ればやはり向田邦子。タイミング良く棚に見つけたのでゲット。「向田邦子のドラマに溶かし込まれた、秘められた恋とは?」がテーマの本で、N氏はもちろんのこと野呂邦暢、柴英三郎などの名前が出て来るが、本当のところはむろん向田さん自身にしかわからない。
「日本人の知らない日本語」はコミックエッセイで楽しく読める。外国人に日本語を教える日本語教師は、日本人に国語を教える教師よりはるかに物知りでないといけないことがよくわかった。かくいう私も国語の教員免状を持ってはいるが助詞、助数詞、五段活用その他、文法は全く自信がない。さらに告白すると、実はこれでも日本語教師養成学校に通っていたこともあるのだ。そう言えば、その時の模擬授業で外国人からいただいた感想は「ファッションが良かった」だったなぁ・・・(涙)。文法もさることながら、日本語を教える=日本文化を教えること。老後はボランティアで日本語教師でも、なんて思っていたが、甘い考えじゃなれないことを思い知った。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/313-9d0d8b8b

1件のトラックバック

[T25] まとめteみた.【久世光彦「花迷宮」ほか】

4月20日(金)桜も早や満開を過ぎ、家の前の公園の榎が芽吹いて来た。公私ともに忙しい春だけど、仕事帰りになんとかブックオフS店。100円文庫2冊、100円コミック1冊を購入。久世光彦「花迷宮」(新潮文庫最初の一編「金木犀の窓の下で」で久世さんが「あのころ、昭和十四...

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

えむ

Author:えむ
「古本買い日記」へようこそ!
著者の行動圏内にある古本屋さんにて拾った本や読後感などをつづったブログです。
自分にとって価値があると思った本のことを正直に書いて行きたいと思いますので、どうぞよろしく!

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。