FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/315-3ee02523

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

伊藤整「日本文壇史」ほか

6月1日(金)

仕事帰りにブックオフS店。今年も早や6月。梅雨の季節ももう目の前だ。100円単行本1冊、100円文庫3冊を購入。

   伊藤整「日本文壇史11・自然主義の勃興期」(講談社文芸文庫)
    〃 「  〃  13・頽唐派の人たち」 (   〃   )
   週間朝日編「父の戦記」(朝日文庫)
   「鎌倉のあじさいと名花名木めぐり」(アボック社)

伊藤整の日本文壇史は嬉しいなぁ。11には泣菫、花袋、藤村、白鳥、谷崎らが、13には露伴、上田敏、荷風たちが載っている。この2冊、巻末に前持ち主の名前が書いてあった。
「父の戦記」はタイトル通り、あの戦争へ行って帰って来た無名の兵士たちの肉声集。オーソライズされた記録とは違う、貴重な証言だ。
「鎌倉のあじさい~」は今の季節にぴったりだったので思わず購入。古い本かと思いきや、2011年5月刊行だった。古寺に咲く青いあじさいの写真が美しい。
さて、何となく梅雨のはしりのような空模様が続く。この前ちょうど買った、あじさい色の軽い折りたたみ傘を持ち歩くことにしようと思う。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/315-3ee02523

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

えむ

Author:えむ
「古本買い日記」へようこそ!
著者の行動圏内にある古本屋さんにて拾った本や読後感などをつづったブログです。
自分にとって価値があると思った本のことを正直に書いて行きたいと思いますので、どうぞよろしく!

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。