FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/322-0607e28e

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

カレル・チャペック「園芸家12カ月」

7月20日(金)

今日はとても涼しくて、長袖のカーディガンをはおって丁度良いくらい。ブまでの道のりも汗をかかずに快適♪。100円文庫を4冊購入。

   カレル・チャペック「園芸家12カ月」(中公文庫)
   内田百閒「居候匇々」(ちくま文庫)
   三岸節子「花より花らしく」(ちくま文庫)
   ディーン・クーンツ「一年でいちばん暗い夕暮れに」(ハヤカワ文庫)

「園芸家・・・」は昭和60年の9版で昔の岩波みたいに文字が小さく、乱視&老眼&ヒブン症の目には厳しかったが、とてもおもしろそうだったので。「その絶妙のユーモアは、園芸に興味のない人を園芸マニアにおちいらせ、園芸マニアをますます重症にしてしまう」とのこと。
「居候匇々」は内田百閒集成の第14巻。谷中安規の版画がたくさん入った「王様の背中」という百閒先生には珍しい童話集が載っている。
クーンツの「一年でいちばん暗い夕暮れに」はまずタイトルに惹かれ、あらすじを見たらゴールデン・レトリーバーが活躍するとあったので、もしや「ウォッチャーズ」の続編か?と思ったが全くそうではなかった。あの天才犬アインシュタインの子供たちが活躍する物語を待っているんだけど・・・。それにしても、アメリカは日本よりずっと動物愛護が進んでいると思っていたが、なんと年間400万頭もの犬が殺処分されているのだそうだ。日本はここ数年好転し、去年は2~30万頭だったと思う。ライフスタイルに合わなくなった、泣き声がうるさい、子犬がじゃま・・・などの理由で平気で犬を見殺しにする人ってどういう人なんだろう?ちなみに私はボーナスが出ると「保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会」というNPOに寄付を続けているが、そこから来る会報に載せられた悪質ブリーダーの実態は犬好きの人なら憤慨すること間違いない。それなのに日本の役所は、書類さえ整っていればどんな悪質ブリーダーでも認めてしまうのだ・・・。この小説も、そんな動物虐待をとりあげた一冊。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/322-0607e28e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

えむ

Author:えむ
「古本買い日記」へようこそ!
著者の行動圏内にある古本屋さんにて拾った本や読後感などをつづったブログです。
自分にとって価値があると思った本のことを正直に書いて行きたいと思いますので、どうぞよろしく!

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。