FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/334-339eabb6

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

丸谷才一「ユリシーズⅠ」ほか

3月10日(月)

身辺いろいろあり、昨年秋にマンションを借りた。と言っても自宅から車で15分の1LDKである。候補はあと2件あったのだが、ここに決めた理由はまず間取りと・・・そして、なんと徒歩3分圏内にブがあったのである!地元は地元でも私のテリトリーからははずれていたので、こんなところにブがあるとは全く知らなかった。部屋の整理もそこそこに探索に向かったのは昨年10月頃(たぶん)。いつものS店とはまた趣が違って新鮮♪。100円単行本1冊と100円文庫4冊を買う。

   
   ユリシーズ他


   丸谷才一・永川玲二・高松雄一訳「ユリシーズⅠ」(集英社)
   有吉佐和子「ぷえるとりこ日記」(岩波文庫)
   串田孫一「ギリシア神話」(旺文社文庫)
   中上健次「化粧」(講談社文芸文庫)
   ヘレーン・ハンフ 江藤淳訳「チャリング・クロス街84番地」(中公文庫)


「ユリシーズ」は和田誠の題字だけで思わず購入。おっきしい厚いし、これで殴られたら確実に脳震盪を起こしそう。絶対読まないに違いないが、定価4200円が100円で買えるなら、買わなきゃ損するような気がして購入。
「ぷえるとりこ日記」は著者自身のアメリカ留学体験から生まれた青春小説だそうな。とは言え時代は今から半世紀前の1959年。当時の外国事情がかいま見れる。
「ギリシア神話」は1988年の初版。表紙に“中学生・高校生必読名作シリーズ”とあった。だから昔の旺文社文庫は保護者の信頼があつかったのだな。挿絵も串田孫一の筆である。
中上健次は正直あまり好きではないのだが、若き日の短編集とのことだったのと講談社文芸文庫でもあるのでとりあえず買ってみた。
「チャリング~」は好きな一冊。江藤淳のあとがきもなつかしい。2012年10版の美本だったので迷わず購入。

1年近くホウチしていた反省を込め、これからは購入本の画像なども載せて行こうと思っていますが、腕が悪いためボケボケですみません!(涙)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emu2172.blog64.fc2.com/tb.php/334-339eabb6

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

えむ

Author:えむ
「古本買い日記」へようこそ!
著者の行動圏内にある古本屋さんにて拾った本や読後感などをつづったブログです。
自分にとって価値があると思った本のことを正直に書いて行きたいと思いますので、どうぞよろしく!

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。